日焼けによるシミを消したい!透明感ある肌を目指す人のための基礎~応用知識

日焼けによるシミを消す方法

加齢による肌トラブルの1つが「シミ」です。

日焼けは「シミ」の原因の1つですが、「今年は完璧に日焼け対策をした!」と思っても、何年後かに顔に出てくる、とてもやっかいなものなのです。

このページでは、日焼けが原因のシミを消す方法、できるだけ薄くする方法を紹介していきます。

こんにちは!飲む日焼け止めLABO編集部の近藤です。

日焼けによるシミに長年悩まされ、時には皮膚科に行ったもののシミ治療の効果が現れずずっと悩んできた私。

そんな私でも、日焼けによるシミを薄くすることができました

このページに来ている方は、日焼けによるシミを消すことをあきらめず、悩んでもシミと向き合っている人たちだと思います。

そんな方に、「これで大丈夫!」と安心してもらえるような、そんな編集部一同で効果の感じられた方法を紹介していきますね。

どうすれば日焼けによるシミを消すことができるのか?

日焼けシミの基礎知識

まず大切になるのは、どうしたら日焼けによるシミを消したり、できる限り薄くすることができるのかという基礎知識をつけることです。

これを知らないと、「何のためのケア」なのか分からないため、継続ができなくなります。そうなると消せるシミも消せません

ですので、「シミを消す」=「メラニンのケア」の、背景にある理由をできる限り理解しておきましょう。

ターンオーバーがシミを消すために重要な理由

下記に当てはまる方は、特にターンオーバーのケアが大切です。

  • 肌がくすみがち
  • 肌のキメが昔に比べて悪くなっている
  • 肌がザラザラで、ツヤがなくなってきた
  • 擦り傷跡や切り傷跡が治りにくくなってきた

日焼けをすると、肌の入れ替わりである「ターンオーバー」が早まります。

通常は、このターンオーバーによってメラニン色素が体外に排出されますので、日焼けをしてもシミはできません。

シミができない代表的な人たちが「若い世代」です。

日焼けをしてもターンオーバーが活発なため、シミができにくいという特徴があります。※「若い頃はシミがなかったわよね・・・」と言われるのもこのためです。

しかし、加齢によって、ターンオーバーという肌の防御機能が衰えていたらどうでしょう。この時には当然メラニン色素が体内に残ってしまいます。

さらにターンオーバーの機能が弱いと、できてしまったシミも体外に排出することができません。よって、加齢とともに、さらにシミが目立ってきます。

ですので、日焼けによるシミを消すためには、「ターンオーバーを正常化する」ことが大切な対策の1つとなってきます。

体内のメラニン色素の生成を抑制することも大切

シミができやすい人は、ターンオーバーが乱れていることが多く、メラニンを多く排出することができません。

これは、ちょっとしたメラニンでも体内に残りやすい=シミになりやすいということでもあります。

そのため、「メラニン色素の生成を抑制する」ことも非常に大切な一手となります。

過剰な活性酸素を取り除く

ここまで「ターンオーバーの活性化」「メラニン色素の抑制」の2点について紹介してきましたが、それとともに、そもそものシミメラニンの原因である「活性酸素」を取り除くことも忘れてはいけません。

活性酸素対策を忘れると、それがまた何年か後のシミとなって現れます

「やった!シミがなくなった!」と思った矢先にまた新たなシミが出てきてしまうと悲しいですので、長期的な目線で活性酸素対策を行っていくことも大切です。

シミを消すために、まずはこの3つをやろう

日焼けによるシミが消えた!

ここまでをまとめると、飲む日焼け止めLABO編集部の近藤が、文字通り「シミを消す」ためにやって効果のあった方法が

  1. ターンオーバーの正常化
  2. メラニン生成を抑制する
  3. 過剰な活性酸素を取り除く

この3つの方法です。

ターンオーバーの正常化で今のシミを排出しながら、新たなシミを作らせないことで、シミは確実に薄くなっていきます。

そして、薄くなってきたら、あとはそれを続けることでシミが消えていきます。それとともに、肌のキメも整い、ツヤ・弾力のある肌になっていきます。

ここまで達成するのは大変かもしれませんが、不可能ではありませんので、一緒に頑張っていきましょう。

次からは、さらに具体的に「どうすれば良いのか?」を紹介していきます。

日焼けによるシミを消す土台作りをしよう

シミを消す方法の土台と応用

残念なことに、一度できてしまったシミを消すには、ただ単に栄養改善をしたり、ケアをしっかりするだけではできません。

私近藤も、「サプリメントと食事と肌ケアでなんとか改善できないか」と思いましたが、やはり無理でした。。。

そこで、「シミを消す土台作り」としてシミを消す効果効能のある「医薬品」を使うようにしましょう。

医薬品ですので、サプリメントや食事ではケアしきれない、頑固なシミにも効果があります。また、明らかに良くなっていくことが実感できるので、「他のケアもしっかりやろう!」とモチベーションもアップします。

シミを消す土台作りとして近藤が使った医薬品

ロスミンローヤル

私が使った医薬品はロスミンローヤルです。現在70万個の販売を突破し、圧倒的支持を得ています。

私が「使って良かったなぁ」と思っている、また、編集部の中でも評判のサプリメントです。

しかし、使う前は本当に効果があるのか不安ですよね。

ロスミンローヤルは単品注文も1900円とお得ですので、私のように不安がある方は、単品注文から始めてみるといいかもしれません。

ロスミンローヤル

「ロスミンローヤル以外がいい!」「まずは医薬品じゃなくてサプリメントから試したい」という方に向けての情報は下記記事でまとめています。

加齢に伴って肌に出てくるシミやそばかす。化粧で隠すことはできても、すっぴんになるとため息が出てきてしまいますよね。 そこで試したくなるのが...

はやくシミを消す方法と、美肌になるためのヒント

ロスミンローヤルを使うことで、下手にレーザー治療をするよりもはやくシミが消えていくことを実感できたのが私です。

しかし、せっかくロスミンローヤルなどを使うなら、「もっと効率的に」シミケアをしたいですね。

そんなシミケアの方法の中でも、私がやって良かったことを最後に紹介していきます。


  1. 化粧品をより質の高いものに変える
  2. ターンオーバーを促進する栄養素を摂取する
  3. 活性酸素を除去するための栄養素を摂取する
  4. 普段の日焼け対策をパワーアップさせる

この4つは、ロスミンローヤルの効果をさらに引き出してくれたように思います。

さいごに シミを消す方法は時間がかかるからこそ

シミを消す方法は、必ず「時間」がかかります。1日で消えることはありません。1か月でも実感できるかどうか、、、といったところでしょう。

これはまるで、筋トレのようです。(筋トレもすぐに効果が現れませんからね)

ですので、「これで明日良くなってる」「これで1週間後に美肌だ!」と思ってやると、思うようにいかず、「心」がつまづいてしまいます

まずは「3か月後の自分」「1年後の自分」のためにケアするという意識を大切にしてみて下さい。

「3か月後の自分に感謝されるように、『今』を過ごすこと」

今回紹介した方法を使えば、シミは改善されていきます。時間はかかっても、必ず1日1日いい方向に少しずつ向かっています。今を大事にしながら、自分を大切にしていきましょう。

飲む日焼け止め、効果を実感したランキングNo.1は?

「結局どの飲む日焼け止めがいいの?」と思うかもしれません。しかし14製品17製品21製品を徹底比較、徹底問い合わせ、体で検証した結果、「ホワイトヴェール」が一番であることを自信を持ってお伝えします!

私の妻も、私自身も、実感しましたので、「ほぼほぼ確定で間違いない」と思っています。また、90日間全額返金保証を使えば、3か月分が返金してもらえると運営に確認できたのも、おすすめできるポイントです。

※参考記事→ホワイトヴェールの口コミを徹底的にしちゃいます(ホワイトヴェールの口コミ記事へジャンプします)

ホワイトヴェール

まさに飲む日焼け止めのKing of Kingです。(←英語の使い方間違ってるかもしれないけれど。)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メラニンを減らす方法をする女性

メラニンの生成を減らす方法はあるのか?いつまでも美しくいるために

ニュートロックスサン効果グラフ

ニュートロックスサンとは?【効果や副作用】

メラニンを抑制するサプリとは

メラニンを抑制するサプリの選び方

おすすめの日焼け止め

紫外線散乱剤使用の日焼け止めのおすすめは?【種類と特徴も】

登山の時の日焼け止め

登山の時の日焼け止めのおすすめはこれ!

UVカットパーカーおすすめランキング

UVカットパーカーのおすすめはこれ【2017年度版】