メラニンの生成を減らす方法はあるのか?いつまでも美しくいるために

メラニンを減らす方法をする女性

メラニン色素は、紫外線から身を守るための体の防御反応です。メラニンがあることで、肌の奥まで紫外線が入り込んでしまうのを防いでくれています。

しかし、過剰なメラニンの生成は、肌のシミの原因、シワの原因にもなりますし、悪性黒色腫(メラノーマ)という、皮膚がんの中でも最も危険度の高い病気に発展することがあります。

このページでは、そんなメラニンを減らすためにできる方法を、ぎゅっと1つに詰め込んでみました。これを読んで、正しくメラニンケアをしていきましょう。

メラニンを減らすのに一番効果的な方法

「当たり前だ!」と怒らないでください。しかし、とても重要なことなので伝えておかなければいけないことがあります。

さて、メラニンを減らすのに一番効果的な方法は、「紫外線に当たらないようにする」ということです。これは「当たり前」のことなのですが、意外と見落としがちな盲点だったりします。

最近は日焼け止めなども多く発売されるようになってきました。そして効果の高いものも昔に比べると多く発売されています。

しかし、だからと言って「紫外線に当たりすぎても大丈夫」というわけではありません。

ですので、「基本中の基本」は「紫外線に当たらないように、日傘やサングラスを使用したり、日陰に入りながら移動すること」ということはいくつになっても忘れないで欲しいなと思います。

それでは次からは、具体的にメラニンを減らす方法を紹介していきます。

まずは体の外からメラニンを減らしていこう

メラニンを減らすには2つの方法があります。それは「体の中からケアする方法」と「体の外からケアする方法」です。

どちらを重要視するかということなのですが、まずはできる限り体の外からケアをしていきましょう。

体の外からメラニンを減らす

そうすることで、ターンオーバーの乱れが整ったり、肌の調子が良くなります。また、メラニンを抑制する成分が含まれているものもありますのでメラニンを減らすことにつながります。

しかし、どんな成分がメラニンを減らすのに有効なのでしょうか?

ビタミンC誘導体が配合されているものを選ぼう

ビタミンC誘導体は、「メラニンの生成を抑える」「メラニン色素を還元する」「角質細胞へのメラニンの受け渡しを防ぐ」という、メラニン対策に必要な働きを多くもった成分です。

ビタミンC誘導体は、刺激の強いハイドロキノンよりも一般的には危険性が少ないと言われていますが、「合う合わない」もでてくる成分です。

ですので、敏感肌の方は特に、「敏感肌でも使える化粧品」を選ぶようにしましょう。

迷われたら、皮膚科医立会テスト承認済みの「サエル」や、高浸透型ビタミンC誘導体を使用した「サイクルプラス」がおすすめです。

また、下記記事も有効に活用してみてください。

日焼け後の化粧水
どれだけ日焼け対策をしても、「なぜか日焼けしちゃった」という経験は誰にでもあるのではないでしょうか? もちろん、その原因を考えて、次から気...

※ビタミンC誘導体は、厚生労働省認可の美白成分です。

酵素チロシナーゼを抑制する「アルブチン」

メラニンは最初は「チロシン」というアミノ酸です。そして、酵素チロシナーゼが活性化し、チロシンと結びつくことで、黒いメラニンへと変化していきます。

その酵素チロシナーゼを抑制するのが「アルブチン」という成分です。アルブチンはメラニンが黒くなるのを防ぐはたらきですので、すでにできてしまった黒色メラニンを減らすはたらきはありません。

しかし、紫外線に当たり、「メラニンを増やしたくない・減らしたい」と思った時に大変便利な成分です。

アルブチンが含まれた主な化粧品には「アスタリフトホワイト」「サエル」などがあります。

既にあるメラニンを減らすには「ハイドロキノン」

既にできてしまったメラニンを減らすのに有効な美白成分が「ハイドロキノン」です。

しかし、ハイドロキノンは、元は美容皮膚科でしか使われていませんでした。なぜなら刺激性が高いからです。

最近では、濃度を調節したハイドロキノン含有化粧品も多く配合されていますが、危険性もあるため、使うのであれば新安定型のハイドロキノンを使用した「アンプルール」がおすすめです。

ハイドロキノンはアルブチンと比べても80倍~100倍の美白効果があることが分かっています。上手に使用し、メラニンを減らしていきましょう。

体の中からメラニンを減らすには?

体の中からメラニンを減らす

体の外からケアしながら、体の中からもメラニン対策をすることで、効率的にメラニンを減らすことが可能になります。

そして、体の中からケアする際には、「抗酸化作用」のある食品を摂取すると良いことが分かっています。

ポリフェノールやカロテノイド

必須栄養素ではありませんが、まず覚えておいてほしいのが「ポリフェノール」や「カロテノイド」です。

ポリフェノールは植物の色素や苦みの成分で、緑茶に多い「カテキン」や、ブルーベリーに多い「アントシアニン」、ブロッコリーに多い「ケルセチン」などがあります。

すべてのポリフェノールは抗酸化作用を持っており、ほとんどの野菜・果物に多く含まれているので、野菜を食べて体の中からケアしていきましょう。

また、カロテノイドもすべての種類に活性酸素を除去する働きがあることが分かっています。

カロテノイドはポリフェノールと違い「動植物」にある栄養素で、代表的な物にはサケやエビなど赤い動物に多い「アスタキサンチン」や、トマトに多い「リコピン」などがあります。

サプリよりも第3類医薬品を使用しよう

もちろんメラニンを減らすサプリメントもありますが、メラニンの生成を抑制するという面では、ハイチオールCやトランシーノなどの「第3類医薬品」を使いましょう。

この第三類の医薬品の比較は下記記事で行っています。成分を比べながら、自分に合った医薬品を選んでみてくださいね。

加齢に伴って肌に出てくるシミやそばかす。化粧で隠すことはできても、すっぴんになるとため息が出てきてしまいますよね。 そこで試したくなるのが...

しかし、医薬品ですので「副作用」があります。

副作用が嫌だという場合は、@コスメでも口コミ評価の高い、ヴィジョンステイトの「マスターホワイト(@コスメ:☆5.5/7点)」やポーラの「インナーロック(@コスメ:☆5.0/7点)」あたりを選んでみてはいかがでしょうか。

○あわせて読みたい

メラニンを抑制するサプリとは
私たちにとって悩みの種の1つが、紫外線による「メラニンの発生」です。 もちろん紫外線はビタミンDを体内で作ってくれて、紫外線は浴びなければ...

シミ対策にピーリングをした方が良い?

メラニンによる「シミ」対策として、ピーリングが使われることもあります。

しかし、ピーリングはどれだけ肌に優しくても「物理的に落とす」行為ですので、ここまで紹介した「体の中・外からのケアをしても改善しなかった」時などに使っていきましょう。

おすすめとしては結果にコミットするで有名なライザップグループの「テンデシカ」です。30日間全額返金保証があり、ソフトピーリングですので比較的肌にも優しいですね。

より本格的なピーリングを求めるなら、10のテレビで放映された「ピールオフゴマージュ」がおすすめです。

さいごに メラニンと上手に付き合おう

ここまでメラニンを減らす方法を紹介してきましたが、最初にお伝えしたように、メラニンは体にとって必要な防御反応です。

ですので、メラニンは敵ではなく、味方なのです。

そう思うと、多少のメラニンなら許せませんでしょうか?そうしてメラニンを許してあげると、ちょっとは心にもゆとりが持てませんでしょうか?

そうは言っても、「黒くなるのが本当に嫌だ!」という気持ちもすごく分かります。そこで今回紹介したアイテムを上手に使いながら、メラニンケアをしていきましょう。

そして何年後かになって、今の自分に感謝できるよう、日々のケアを肌に優しく行っていき、「なんでそんなに肌がきれいなの?!」と言われる未来を創り上げていきましょう。

飲む日焼け止め、効果を実感したランキングNo.1は?

「結局どの飲む日焼け止めがいいの?」と思うかもしれません。しかし14製品17製品21製品を徹底比較、徹底問い合わせ、体で検証した結果、「ホワイトヴェール」が一番であることを自信を持ってお伝えします!

私の妻も、私自身も、実感しましたので、「ほぼほぼ確定で間違いない」と思っています。また、90日間全額返金保証を使えば、3か月分が返金してもらえると運営に確認できたのも、おすすめできるポイントです。

※参考記事→ホワイトヴェールの口コミを徹底的にしちゃいます(ホワイトヴェールの口コミ記事へジャンプします)

ホワイトヴェール

まさに飲む日焼け止めのKing of Kingです。(←英語の使い方間違ってるかもしれないけれど。)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日焼けケアローション

日焼けケアローションのトリセツ!うっかり日焼けの保湿対策法

運動会での日焼け対策!おすすめの日焼け止めやファッション紹介

日焼け後に冷やすのは正しい

日焼け後に冷やすのがいいって本当?正しいアフターケア方法

日焼け後の化粧水

日焼け後の化粧水ランキングTOP5!シミにしないアフターケア

シミそばかすに効くサプリメントで消える実感が高いのは?

飲む日焼け止めを使わずに、純粋に食品で効果を出す【食事】